ショッピング枠の賢い利用方法 現金化も可能

クレジットカードのショッピング枠を現金化?

クレジットカードにショッピング枠とキャッシング枠があることをご存知の方は多いでしょう。
ショッピング枠は買い物の際にカード決済を行うときに利用する枠、キャッシング枠はATMなどで現金の融資を受ける際に利用する枠、という認識の人が多いです。
これは決して間違いではありません。
しかし、必ずしもその通りにしか利用できないかといえば、一概に断言できないものなのです。

▼ 目次

ショッピング枠現金化の概要

その理由となるのが、カード決済で使うはずのショッピング枠を現金化してしまう、いわゆる「ショッピング枠現金化」という手段になります。
今回はこのショッピング枠現金化について理解していただくため、クレジットカードの基本的な仕組みからショッピング枠現金化の概要や注意点までを解説します。

ショッピング枠現金化を利用するならば、その前に抑えておきたいのがクレジットカードのしくみです。
ここでいう仕組みとは、主にショッピング枠とキャッシング枠の関係性について、になります。
結論から言うと、一般的なカード会社では、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設けられている形になっています。
たとえば50万円のショッピング枠、10万円のキャッシング枠とした場合、ショッピング枠で50万円使い切っていたらキャッシング枠は利用不可能となるのです。
逆にキャッシング枠10万円を使い切っていたら、カード決済も40万円までしか利用できないのです。

よくショッピング枠とキャッシング枠を全くの別物と認識している人がいますが、一般的なカード会社においてはそうではないことを理解しておきましょう。
これを理解していないと、実際にいくらショッピング枠を現金化できるのか計算できませんので、非常に重要なポイントです。

つぎにショッピング枠現金化の概要です。
ショッピング枠現金化とは、簡単に言うと「カード決済で購入した商品を売ることで現金にする方法」であると言えます。
平たく言えば「転売」です。
カード決済はショッピング枠を利用して行われます。
それを利用して購入した商品が現金になれば、ショッピング枠が現金化されたことになりますよね。

ショッピング枠現金化には主に二通りの方法が挙げられます。
一つは自分自身で転売を行う方法、もう一つは業者に依頼する方法です。
自分自身で転売を行う場合には、自分でカード決済を利用し買い物をして、それを他者に売る、という流れになります。
至ってシンプルですが、高い換金率を実現するにはそれなりの知識が必要であると言えるでしょう。

業者を利用する場合には、基本的に業者の言うことを聞いてその通りに行動することとなります。
業者によって単純な転売の補助なのか、自社の商品に付加価値を付けて現金化するのか、などなど方法が全く異なります。
自分で転売する場合は天井知らずの高い換金率を実現することが可能ですが、それに自信がなければ比較的高水準な換金率で現金化可能な業者を利用することがおすすめです。

ショッピング枠現金化の注意点

最後になりましたが、ショッピング枠現金化の注意点についてです。
「カード会社の利用規約違反であること」「方法によっては法律違反になる可能性があること」「「自分が借金をしていることをしっかりと自覚すること」この三点が主な注意点と言えるでしょう。

カード会社の利用規約違反というのは、基本的にクレジットカード会社というのは現金化目的でカード決済を行うことを禁じているからです。
ショッピング枠現金化を行っていることがカード会社に知られると、カードの利用停止になる可能性があります。
これは注意してもどうにもならないポイントですが、事実として知っておかなければならないでしょう。

法律違反と言うのは、自分で転売を繰り返した場合にその可能性が生まれてきます。
転売による営業は古物商の有資格者のみに許された行為です。
一回限りの転売であれば問題ありませんが、繰り返すと「営業性がある」と第三者に判断されるようになりますよね。
つまり本人の意思に関わらず、無資格者が転売によって営業していることになってしまいます。
頻繁に転売を繰り返すのはおすすめできません。

借金の自覚というのは、当たり前のことです。
しかし現金を手にすると、その現金があたかも自分のお金のような気がしてしまうものですよね。
あくまでもそのお金はカード会社に返済しなくてはならないお金であることを忘れてはなりません。
これを忘れると多重債務の危険性が生まれてきますので、ある意味で最重要注意点であると言えるでしょう。

さいごに

いかがでしょうか?
以上がショッピング枠現金化についての基本的な部分となります。
お分かりいただけたと思いますが、ショッピング枠現金化はどうしても現金が必要で、ほかに手段がない場合のみに自己責任でおこなう手段なのです。
もしもこれからショッピング枠現金化を実行しようと検討しているならば、最低限、注意点を理解して、自分がいくら現金化することが可能なのか計算し、自分に適した方法で現金化する必要があります。
今回の記事がそれにあたっての参考になれば幸いです。