クレジットカードのキャッシング枠とは

HOME » 賢い利用方法 » クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードには「キャッシング枠」というものが存在しています。
その名の通り、「キャッシングで利用できる枠」です。
枠というのは、簡単に言えば利用限度額になります。
「このカードでいくらまでキャッシングに利用できますよ」というのが、クレジットカードのキャッシング枠なのです。
しかし、キャッシングはクレジットカード以外でも可能な融資ですよね。
いったいクレジットカードのキャッシングには、どのような特徴があるのでしょうか?

たとえばカードローンです。
カードローンはキャッシングの専用カードといえるカードになります。
クレジットカードのように買い物の際にカード決済することはできませんが、現金が必要となった際にATMなどで気軽に現金の融資を受けることが可能です。
用途についても現金化や投資、事業資金など特殊な利用をしない限り、自由となっています。

これに対してクレジットカードのキャッシングは、いわばクレジットカードの付加機能、オプションのようなものになります。
クレジットカードと言うものはそもそも、買い物の際にカード決済することを目的として契約されているカードになります。
つまりいわゆる「ショッピング枠」こそが、クレジットカードの本質的な利用限度額になるのです。
しかし日本は現金所持率が非常に高い国なので、どうしても現金が必要となるシーンは多くなりますよね。
そこで「ショッピング枠の一部ならばキャッシングにも利用できますよ」として提供しているサービスがクレジットカードのキャッシングになるのです。
つまりクレジットカードのキャッシング枠とは、ショッピング枠の一部であると言えます。

そしてキャッシングを利用するうえで重要になるのが金利です。
金利については、あくまでも傾向の話ですが、キャッシング専門のカードローンなどの方が安い傾向があります。
クレジットカードのキャッシングはオプションサービスなので、それをメインとしたサービスと比較すると高金利となりがちなのです。
しかしクレジットカードだけ持っていれば良いと言うメリットは非常に大きいですので、どちらが優れたサービスなのかは個人によると言えるでしょう。