クレジットカードの仕組み

HOME » 賢い利用方法 » クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

クレジットカードを利用している人は非常に多いですが、「クレジットカードってどんな仕組みなの?」と聞かれて即答できる人は少ないでしょう。
今回の記事ではクレジットカードの基本的な仕組みについて解説しますので、今後のカード利用のためにも参考にしてください。

クレジットカードの仕組みを理解するうえでもっとも重要なキーワードは「後払い」と「信用」です。
クレジットカードを契約すると、カード会社はその利用者を「信用」します。
主に「返済能力があるのか」「悪用しないか」といった部分の信用です。
そのためにカードを契約する際には必ず「審査」が必要となります。
信用に足る人物であるとカード会社が判断しなければ審査を通過できず、カードを持つことができません。

晴れてクレジットカードを所持できた場合、利用者は基本的にそれを日常の買い物で利用します。
お店に会計の際にカードを提示し、決済を行いますよね。
この際にお店は商品を渡しますが、お店にお金が入るのはその後なのです。
お店が「この利用者がカードを利用しましたよ」という事実をカード会社に伝え、カード会社がその支払いを肩代わりします。
そしてカード会社は後日、利用者の口座から商品代金分のお金を引き落とすのです。
故にクレジットカードは「後払いカード」であると言えます。
この一連の流れには利用者とカード会社、お店の信頼関係が必要不可欠となるのです。

このようにクレジットカードは「信用」を前提とした「後払い」が基本的な仕組みなので、その信頼関係が崩れた場合、利用できなくなることもあります。
返済が滞ったり、カード利用規約に違反するような利用をしたりした場合、カード利用停止となることがあるのです。
一つのカード会社で契約できなくなると他のカード会社でも契約できなくなる、ということは往々にしてあることなので、クレジットカードを利用する際にはその仕組みをよく理解し、信頼関係を維持できるような利用を心がけることをおすすめします。