ショッピング枠の利用方法

HOME » 賢い利用方法 » ショッピング枠の利用方法

ショッピング枠の利用方法

クレジットカードを利用するうえでショッピング枠の利用方法について把握しておくことは非常に重要なことです。
ショッピング枠の本来の利用方法、少しイレギュラー的な利用方法、それぞれ知っておいて損はないでしょう。

まずショッピング枠の本来の利用方法ですが、これは言わずとも知れていますよね。
「カード決済」です。
買い物の際、会計時にカードを提出して決済します。
これによってお店からカード会社に顧客情報が行き、カード会社はどの利用者がいくらの買い物をしたのか把握するのです。
そしてカード会社が一時的に支払いを肩代わりし、後日利用者はカード会社から買い物代金を引き落とされる形になります。
これがクレジットカード本来のショッピング枠の本来の利用方法と言えるでしょう。

では次にイレギュラー的な利用方法です。
代表的なのはショッピング枠の現金化でしょう。
ショッピング枠を利用して買い物をするところまでは、本来の利用方法と同じです。
違うのはそこから先になります。
本来であればその買い物は自分にとって必要なものを購入して終わりですが、現金化の場合は自分にとっての必要性の有無ではなく、他人にとっての必要性を考えて商品を選ぶこととなるのです。
つまり、「売れるもの」を購入します。
購入した商品を売ることで、その商品は現金となりますよね。
結果的にショッピング枠が現金化したこととなるのです。

ただしショッピング枠の現金化はカード会社の利用規約で禁じられている行為でもあります。
カード会社に知られた場合は利用停止処分が下る可能性が非常に高くなるのです。
売れそうなものを購入して他者に売る、というのは転売ですので、営業性が認められると古物商の有資格者でない限り法律で罰せられます。
ショッピング枠現金化はあくまでもイレギュラーであり、どうしても必要に迫られた場合にのみ、最後の手段として自己責任で行うことが望ましいでしょう。
基本的にはショッピング枠は自分の買い物に利用してください。