ショッピング枠現金化のトラブル

HOME » 賢い利用方法 » ショッピング枠現金化のトラブル

ショッピング枠現金化のトラブル

何事にもトラブル発生のリスクと言うものはつきものですが、ショッピング枠現金化も決してそのリスクが低い行為ではありません。
ショッピング枠現金化を行うと、どのようなトラブルが発生する可能性があるのでしょうか?

ショッピング枠現金化のトラブルとしてよくあるのが、「負債によるトラブル」です。
ショッピング枠現金化を検討している人の多くが、自分で現金を工面することができない人ですよね。
当然のことですが、自分の銀行口座からお金を下ろせる人は、ショッピング枠現金化を行うメリットがありません。
仮に口座が残高不足だとしても、クレジットカードにはキャッシング機能と言うものがあります。
金利は発生するものの、ショッピング枠現金化の手数料や還元率などを考えればほとんど変わらないか、キャッシングの方が得なことが多いくらいです。
わざわざ手間と時間をかけてショッピング枠現金化を行うよりも、コンビニのATMで簡単に現金の融資を受けられるキャッシングを選ぶのが一般的であると言えるでしょう。
しかしそういった手段を利用できない「何かしらの理由」があるからこそ、ショッピング枠現金化を選択している人が多いのです。

そして問題なのは、その「何かしらの理由」になります。
結論から言うと、その理由として最も多いのが「口座にお金がない、キャッシング枠も使い切ってしまった」という理由です。
つまり、ない袖は振れないどころか、既にカード会社に負債を負っている状態の人が多いのです。
この状態でさらにショッピング枠現金化を行うとなると、負債が返済能力を超えてしまう可能性も高くなってきます。

そして結果的に返済能力を超える負債となってしまい、その負債をどうにか返済するために違う会社に融資を依頼し、またそれを繰り返し、という負のスパイラルに陥ってしまうトラブルが非常に多いのです。
最終的にはどのカード会社でも審査を通らなくなり、違法な金融業者を利用することとなるケースも珍しくはありません。
このようなトラブルを避けるためにも、ショッピング枠現金化は本当に必要なとき、必要な金額のみ、しっかりと返済計画をたてて、利用するようにしましょう。