ショッピング枠現金化の注意点

HOME » 賢い利用方法 » ショッピング枠現金化の注意点

ショッピング枠現金化の注意点

ショッピング枠現金化を行ううえでもっとも重要となるのが、「注意点についてしっかりと把握しておくこと」になります。
ショッピング枠現金化はそれなりにリスクのある行為です。
そのリスクが具体的にどのようなものなのか、しっかりと把握して上で、自己責任で行う必要があります。
どのような結末になろうとも誰も責任を取ってくれないので、しっかりと注意点を把握し、最大の注意を払って実行しましょう。

ショッピング枠現金化の最大の注意点と言えるのは、やはり「借金である」というポイントになります。
ショッピング枠で現金化するには、一度カード決済し、その決済によって購入した商品によって現金を手にしますよね。
ここまでにそれなりの手間が必要なので、現金を入手したらそこがゴールであると思われがちです。
しかし、それは大きな間違いですよね。
ショッピング枠現金化のゴールは、カード会社に負債を完済するまでです。
現金を手にした段階で一段落としてはなりません。
あらかじめしっかりとした返済計画を立てたうえで、無理のない範囲の金額を利用しましょう。

次の注意点は「カード規約違反である」「法律違反になる可能性がある」という倫理的、法律的な問題です。
カード会社は基本的にカード決済を現金化目的で行うことを利用規約で禁止しています。
つまり、どのような手段を用いたとしても、目的が現金化である以上、利用規約違反なのです。
これはどのように注意しようとどうにもならない問題ではありますが、カード会社に知られると利用停止処分となる可能性があります。
頻繁に繰り返すと目を付けられやすいです。
規約違反の行為であると言う部分については、自分のモラルと相談してください。

法律違反と言うのは、自分で転売を繰り返した場合です。
古物商の有資格者は転売で営業することを認められています。
しかし、逆に言えば無資格者は営業してはならないのです。
頻繁に転売を繰り返すと営業性あり、と判断され罰せられることがあります。
これも非常に大きな注意点でしょう。