ショッピング枠現金化の還元率

HOME » 賢い利用方法 » ショッピング枠現金化の還元率

ショッピング枠現金化の還元率

ショッピング枠現金化を行うにあたって非常に重要になるのが、還元率です。
言い方を変えれば換金率です。
1万円のカード決済でショッピング枠現金化を行った場合に9,900円の現金を手にできたとしたら、99パーセントの還元率ですよね。
損失は100円、つまり1パーセントで済みます。
しかし1万円で5,000円の現金に換金された場合、還元率は50パーセントになってしまいます。
5,000円もの損失になってしまうのです。

ショッピング枠現金化を行う際に還元率がどれだけ重要なのかお分かりいただけましたでしょうか?
この還元率を考えた際に、確実にある程度高水準な還元率を実現したい、と思ったら業者の利用がおすすめになります。
業者を利用すると手数料が発生するのでどうしてもマイナスにはなってしまいますが、90パーセント前後の還元率で現金を手にすることができる業者も多いです。
これといった知識なども必要ないので、初めてショッピング枠現金化を行う人は業者の方が良いかもしれません。

しかしより高い還元率を目指したいのであれば、自分で転売を行うことがおすすめになります。
簡単な話、5,000円で買った商品を他者に1万円で販売できれば、還元率は200パーセントになりますよね。
ショッピング枠現金化を行うことで利益すら生まれる可能性があるからです。
ただしこれを繰り返すと、利益を目的としている、つまり「営業性がある」と判断される可能性が出てきます。
転売は古物商の資格が必要ですので、営業性があると判断されない程度の頻度で行う必要があるでしょう。
逆に買った商品に全く売り手がつかない、つまり還元率0パーセントになる可能性もはらんでいますので、自分で転売によって現金化する場合はそのようなポイントも注意が必要です。

つまり、ローリスクローリターンな業者を選択するか、ハイリスクハイリターンな自分での現金化を選択するか、と言う話になります。
いずれにしてもカード規約違反にはなりますので、そのあたりもしっかりと認識しておき、実行するか否かを考えてください。