ショッピング枠現金化は規約違反?

HOME » 賢い利用方法 » ショッピング枠現金化は規約違反?

ショッピング枠現金化は規約違反?

ショッピング枠現金化はカード会社の規約違反である、そういった話を聞いたことのある人は多いでしょう。
これからショッピング枠現金化を検討している方にとって、あまり良い話ではないですよね。
しかし、残念ながら、これは事実です。
一般的にカード会社は現金化目的でカード決済を行うことを禁じています。

主な理由は利用者の負債が増加し、返済できなくなってしまうことをカード会社が恐れているからです。
つまり、結果として現金化になった、ということよりも、現金化を目的としてカード決済を行った、という動機を重視しています。
どのような手段であれ、現金化目的であった時点で利用規約違反となることが一般的なのです。
もちろんカード会社は世の中にたくさんありますので一概に全てとは断言できませんが、日本で一般的に利用されているクレジットカードは基本的に規約違反になると思っておいた方が良いでしょう。

つまりショッピング枠現金化を行う以上は、自分のモラルと相談し、契約違反に該当する行為を行うのか否かを自己責任で判断する必要があるのです。
仮に「規約違反だけどショッピング枠現金化を行う」と判断した場合、なるべくカード会社に知られないように現金化するのが賢明ですよね。
転売や業者の利用だと、足がつきやすい可能性があります。
飲み会の幹事を買って出て会費を現金で集め自分のカードで決済を行うなど、カード会社から見ても不自然ではない利用方法で現金化できればそれに越したことはありません。
ショッピング枠現金化を行う際には、そのように「カード会社に知られないようにする工夫」も必要となるのです。

しかしやはり最重要事項となるのは、「規約違反である」という事実にどう向き合うか、です。
自分で転売を行った場合、頻繁に行うと営業性があると判断され法律違反となる可能性すら出てきます。
そういったリスクやモラルに関わる部分もありますので、ショッピング枠現金化はあまり頻繁に行わない方が賢明なのです。
どうしても必要になった際の最後の手段として考えておくべきでしょう。